アジレント・テクノロジー
   
LTEからLTE-Advancedまで

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2012(WTP2012)出展のご案内

同時開催:ワイヤレス・テクノロジー・シンポジウム2012開催のご案内

会場:パシフィコ横浜  会期:2012年7月5日(木)~6日(金)


アジレントは、7/5(木)7/6(金)に開催されるワイヤレス・テクノロジー・パークに出展致します。
主な展示製品、及び、同会場で開催します弊社のセミナをご紹介いたしますので、
時節柄ご多忙のこととは存じますが、ご来場賜りますようお願い申し上げます。


 ■
ワイヤレス・テクノロジー・パーク2012(WTP2012)出展のご案内 

  開催概要

  
          
会場   :パシフィコ横浜 展示会場 Cホール
  
          
会期   :2012年7月5日(木)~6日(金) 10:00~18:00(最終日:17:30)

     
 主な展示製品のご案内

        <LTE-Advanced/OTA開発>
             -
N5106A PXBシリーズ ユニバーサル受信機テスタ
             -N7109A マルチチャネル信号解析
             -N9030A PXAシグナル・アナライザ
             -N5182B MXG Xシリーズ RFベクトル信号発生器

        <LTE開発>
             -
E6621A PXT無線通信テスト・セット
             -E5515C 8960シリーズ10無線通信テスト・セット
             -N6705B DC電源/アナライザ

        <LTE量産>
             -
E6607A EXT無線通信テスト・セット
             -U8903A オーディオ・アナライザ
             -N1914A EPMシリーズ・デュアル・チャネル・パワー・メータ

        次世代無線LAN 802.11ac
             -
N9030A PXAシグナル・アナライザ
             -
広帯域MIMO PXIベクトル・シグナル・アナライザ
             -
N5182B MXG Xシリーズ RFベクトル信号発生器
             -SystemVueエレクトロニック・システム・レベル(ESL)デザイン・ソフトウェア

 

  ワイヤレス・テクノロジー・シンポジウム2012開催のご案内 

  開催概要

            
会場   :パシフィコ横浜 ハーバーラウンジA
            
会期   :
2012年7月5日(木)~6日(金) 13:00~16:55(受付開始:12:30~)
 

   セミナ概要、スケジュール

            本シンポジウムでは、スマートフォンの台頭により今後急速に普及が予想される、
            LTEと次世代無線LAN IEEE 802.11acについて取り上げます。
            LTEに関しては、主にLTE端末及び端末向けデバイスの開発、設計に従事されている方を対象として
           
LTEの物理層、端末RF測定、MIMOといった基礎的な解説から、MIMO-OTA試験までの最新の
            情報までを網羅した内容となっております。
            また、IEEE 802.11acに関しても、規格の概要から、測定手法までを分かりやすく解説いたします。

12:30~
受付
13:00~13:50
セッション1 LTE端末開発テストの実際
弊社 電子計測本部アプリケーション・エンジニアリング部
中村 顕
山口 勲
LTE端末のRF性能の試験方法は3GPP TS36.521-1で規定されます。その中から主要な送信試験および受信試験について取り上げ、解説します。また、通信パラメータの設定と消費電流の関係など、端末開発の現場で必要となる試験についても紹介します。
13:50~14:05
休憩・入替
14:05~14:55
セッション2 MIMO性能を担保する:OTA規格動向と測定システム
弊社 電子計測本部アプリケーション・エンジニアリング部
吉田 生
スマートフォンの台頭により、ますますデータ通信のニーズが高まるとともに高速化・大容量化も求められており、次世代の技術の核となるMIMO技術の開発にも注目が集まっております。 3GPP RAN4でも2012中にMIMO OTAのコンフォーマンス・テスト標準を策定中です。本セッションでは3GPP規格のアップデート及び弊社のMIMO測定に対する取り組みを紹介します。
14:55~15:10
休憩・入替
15:10~16:00
セッション3 見えてきた次世代高速無線:11acの規格と測定
弊社 電子計測本部アプリケーション・エンジニアリング部
杉山 裕之
栗山 有美
現在のネットコンテンツにおける動画の割合は急速に増加しており、、その動画もますます高精細化されてきています。その結果大容量のデータを扱くことが多くなり、一人のユーザが通信を占有する時間が長くなった結果、”つながらない”という現象が発生するケースが増えつつあります。また、スマートフォン、ノートPCの普及を筆頭に、携帯電話、携帯端末、テレビ、カメラ、車載エンターテイメントシステム等、さまざまな機器への無線LAN搭載比率が爆発的に加速し同時に複数のユーザが無線LANを使用するケースが急増した結果、やはり”つながらない” 発生するケースが増えつつあります。このような問題を解決できる能力をもった次世代無線LAN規格、11acとは何か?本セッションでは11acの規格概要から測定手法そしてソリューションまでをご紹介させていただきます。
16:00~16:15
休憩・入替
16:15~16:55
セッション4 広帯域マルチチャネル・モジュールソリューション
弊社 電子計測本部マーケティングセンタ
犬飼 清
PXI/AXIeモジュール計測器と89600 VSAソフトウエアを組み合わせることにより、従来の卓上型計測器では実現が難しかったユニークなRFソリューションを構築できます。100MHz~800MHz広帯域解析、マルチチャンネルMIMO、ストリーミング記録(RF連続キャプチャ)はその一例です。これらのソリューションをご紹介すると共に、代表例として802.11ac MIMO解析デモをご覧いただきます。
*記載内容は事情により変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

     ◆セミナのお申込みはこちら