弊社競合会社、個人のお客様のお申込みはお断りさせていただいております。予めご了承ください。

第一週  計測の基礎

2018年11月27日(火)計測の基礎
  スペクトラム・アナライザの基礎
講師:弊社ソリューションエンジニア 宇野 昌紀
対象者:スペクトラム・アナライザついて、基礎から知識を深めたいとお考えのエンジニア
内容:RFを用いた通信、レーダー機能を備える機器が増えてきており、RFの測定をしっかり行うことがRF機能の開発、組み込みをおこなうエンジニアに必要となってきています。本セミナーではRF製品を扱う上でオシロスコープと同様な必須基礎ツールとしてスペクトラム・アナライザの基礎を説明します。また、最新のモデルでの効率的な使用法についてもふれます。

  ネットワーク・アナライザの基礎
講師:株式会社モーデック キーサイト専任トレーナ シニア技術コンサルタント 取締役 島田 寛之 様
対象者:ネットワーク・アナライザついて、基礎から知識を深めたいとお考えのエンジニア
内容:高周波回路内の高周波信号の特性を把握するのはRF機器の開発のみならず、近年ではデジタル回路の高速化によりRF通信機能を搭載しない機器でも必要度が上がってまいります。インタフェース規格でもネットワーク・アナライザの測定を必要とする試験も増えてきています。本セミナーではネットワーク・アナライザの概念とその使用方法に触れ、ネットワーク・アナライザを確かに使える基礎を身につけていただく第1歩となります。

  インピーダンス測定の基礎
講師:株式会社モーデック キーサイト専任トレーナ シニア技術コンサルタント 取締役 島田 寛之 様
対象者:インピーダンス測定ついて、基礎から知識を深めたいとお考えのエンジニア
内容:低周波における回路素子の抵抗率は複素数のインピーダンスで記載され、その正確な測定は、回路シミュレーションで必要とされます。また、誘電率、透磁率などもインピーダンスから導出可能です。本セミナーでは、インピーダンスの基礎から話をはじめ適切な測定方法を紹介します。
トップへ戻る

2018年11月28日(水)計測の基礎
  正しい波形をみるためのオシロ基礎講座 オシロ本体編
講師:弊社マーケティングエンジニア 堀部 勝義
対象者:オシロスコープについて、基礎から知識を深めたいとお考えのエンジニア
内容:問題発生時になぜか見えない問題波形、観測している波形と実際の波形が違ったなど、オシロスコープの仕様や使い方などの基礎的な知識をおさえておけば、このような事態に陥っても、正しく対処できるようになります。本セミナーでは、オシロスコープの基本的な知識を振り返り、正しい波形をとらえるためのポイントを説明します。

  正しい波形をみるためのオシロ基礎講座 プローブ編
講師:弊社マーケティングエンジニア 岡崎 淳起
対象者:オシロスコープのプローブについて、基礎から知識を深めたいとお考えのエンジニア
内容:どんなに高性能なオシロを使っても、プローブの選択や使い方を間違ってしまうと正しい波形は測れません。プローブは、多くのユーザーが間違いやすい落し穴でもあります。本セミナーではプローブの種類や使い方、気をつけるべきポイントを基礎から振り返ります。

  IV測定の基礎、微小電流測定、4端子測定のテクニック
講師:弊社アプリケーションエンジニア 村上 多美江
対象者:電流・電圧(IV)測定について、基礎から知識を深めたいお考えのエンジニア
内容:IV測定は、半導体、太陽電池、材料など様々な分野で必要とされる基本的な測定項目ですが、簡単な測定原理、測定手法を取得していないと安定した測定をおこなうことはできません。本セミナーでは、IV測定の評価装置、微小電流測定のテクニック、4端子抵抗測定のテクニックについて解説します。
トップへ戻る

2018年11月29日(木)計測の基礎
  デジタルエンジニア向けSパラメータ入門
講師:弊社ソリューションエンジニア 依田 達夫
対象者:Sパラメータについて、基礎から知識を深めたいとお考えのエンジニア
内容:データレートの高速化に伴い、デジタルエンジニアもSパラメータへの知見が必要となってきていますが、周波数ドメインと波形とをリンクしてイメージできないのではないでしょうか?本セミナーではSパラメータの意味するところ、それが波形にどう影響するのか?アイパターンがどのように変わるか?どれくらいの周波数からクロストークを気にしないといけないか?など、適切な伝送路デザインをイメージできるよう解説します。

  これでわかる!アイパターン・ジッタ評価の基礎
講師:弊社ソリューションエンジニア 竹嶋 茂樹
対象者:アイパターンやジッタの評価について、基礎から知識を深めたいお考えのエンジニア
内容:高速シリアル伝送ではアイパターンでの評価、ジッタ測定は基礎的で重要な評価項目で、Go/NGの判定だけではなく、デバッグにおいて足がかりとなるものです。最新の高速化されたインタフェースではその評価方法も複雑化しており、高速化が進むにつれ使用する測定器に求められる性能も厳しくなっています。その意味をご理解いただけていますか。本セミナーではアイパターンの正しい評価方法とその意味するところを解説し、さらにジッタの基礎とその解析手法について詳しく説明します。

  材料の誘電率測定 基礎
講師:弊社ソリューションエンジニア 加藤 大輔
対象者:材料の誘電率測定を行う必要がある方
内容:材料を評価する上で誘電率は電気的特性を特定させるのに重要な指標です。誘電率を正確に測定し知ることが材料を用いた実際の製品を正確に設計することを可能にします。本セミナーを受講いただくことにより、しっかりとした材料に対する誘電率測定のアプローチを身につけていただけます。
トップへ戻る

2018年11月30日(金)計測の基礎
  新Wifi規格802.11axの基礎とRF測定
講師:弊社ソリューションエンジニア 栗山 有美
対象者:802.11ax搭載機器の評価について、基礎から知識を深めたいお考えのエンジニア
内容:無線LANは様々な場所で日々活用されていますが、主に2つの改善が求められています。より高速な通信速度の実現とユーザー過密エリアでのスループット低減の解消です。802.11ax は現在の802.11acと比べ4倍のスループットを目指した規格です。規格の基礎とRF測定方法を紹介します。

  基礎からわかるUSB2.0規格とコンプライアンス試験
講師:弊社ソリューションエンジニア 佐貫 聡信
対象者:USB2.0規格とコンプライアンス試験について、基礎から知識を深めたいお考えのエンジニア
内容:USB2.0はいろいろな製品で使われていますが、高周波の扱いが必要な高速デジタル伝送です。本セミナーでは、USB2.0規格について基礎から振り返り、おさえておくべき評価手法としてコンプライアンス試験の概要と試験方法について説明します。

  プログラミング不要 自動測定で効率アップ
講師:弊社ソリューションエンジニア 宮下 一馬
対象者:測定器をPCと接続して操作したいとお考えのエンジニア及び教育機関のみなさま
内容:煩わしい日々の繰り返し測定を自動化しましょう!オシロや電源などの制御やテストシーケンス作成が簡単にできるソフトBenchVue(ベンチビュー)を使って、簡単に計測を自動化する方法を紹介します。
トップへ戻る

 
弊社競合会社、個人のお客様のお申込みはお断りさせていただいております。予めご了承ください。