"
このニュースは、テクニカルサポートのニュースレターを受け取られていた方、新たに本ニュースレターにご登録いただいた方、また、関連セミナにご参加いただいた方にお送りしております。 うまく表示されない場合はこちらからご覧ください。
アジレントの電子計測事業は、 キーサイト・テクノロジー として新しくスタートしました
Keysight EEsof EDA Newsletter
日本語ナレッジ・センタ
テクニカルサポートへのお問い合わせ

この度の大雨により被害を受けられました皆様に対し、心からお見舞い申し上げます。 一日も早く復旧されますよう、心からお祈りいたします。

今後開催するセミナについてご紹介します。もう来週ですが、台風のため延期しておりました、デバイスモデリングセミナを9月3日(水)に開催します。
さらに、来週改めて案内させていただきますが、10月14日(火)に秋葉原でKeysight Design Forumを開催します。高周波、高速デジタルの2つのトラックで、最新技術、設計事例をお客様のご協力を頂いてご紹介します。先着順ですので、奮ってご参加下さい。今年はセッション終了後に簡単な交流会も予定しております。
また、10月16-17日には株式会社図研様のイベントZIWにてセミナを実施します。CR-8000とADSを使った設計フローを体験いただけますので、是非こちらにもご参加下さい。では今月のしみゅレターをどうぞ。(高野)

トピックス一覧: | 2014/8/28 Vol58 | しみゅレター| EDAユーザ向けメールマガジン|
テクニカルサポートからのお知らせ:
  • EDA製品のWindows 7/8での32bit版OSのサポート終了については各バージョン・アップ時のEmailレター等でご案内してきました。(例:次期ADS2014.11など)
    Roadmapはこちらのkeysightのページに移動しましたのでご覧ください。
  • Keysight EDAテクニカルサポートへのメール問い合わせ先はこちらへお願いします。
             
-- キーサイト外にリンクします。  --- 英語ページにリンクします。
シグナル・インテグリティについてのチュートリアル:
プリレイアウト段階でのSerDesデザインの最適化


レシーバ側でイコライゼーションを行うようになり、以前のスタックアップ/制御インピーダンス・ライン・デザイン・ツールでは、出力される指標(周波数応答など)が不適切で、対応できなくなっています。現在の指標は、イコライゼーション後のアイの開口部です。このWebキャストでは、PCI Expressトランスミッタ、チャネル、レシーバを使用したプリレイアウト・デザインの最適化方法の例を示します。

Webキャストへの登録                
ADSの30日間無料試用版を今すぐお試しください
 
ページトップに戻る

 
EDAのWebキャスト・シリーズの刷新:   
DynaFET:GaN/GaAs HEMT用の高度なモデル
EDA Webキャストの刷新

DynaFETは、新しいノンリニア・シミュレーション・モデルで、完全なエンドツーエンドの特性評価/モデリング/検証フローを提供します。デザイナの観点からすると、使用モデルは最新のコンパクト・トランジスタ・モデルと同じでシンプルです。このWebキャストでは、基本モデルの理論から、DynaFETモデルの主な特性評価/モデル作成(抽出)/評価手順まで紹介します。実際にさまざまなGaN HFETデバイスやGaAs HEMTデバイスで個別に測定したデータを、詳細に比較します。      Webキャストへの登録
ページトップに戻る

 
RFIC/パッケージ/ボードの協調設計を可能にする相互運用性
今日では、RFIC自体の実装ではなく、システム全体への統合(1つのパッケージ、一種のチップレベル・ウェーハスケール・パッケージ、またはモジュール/SiP(System-in-Package))が主な問題になっていますが、リファレンス・ボードでの測定時に、システムが厳しい性能要件に適合していることを確認する必要もあります。これらの問題に対処するには、総合的な手法、相互運用性のある完全なツール・フロー、デザイン手法が必要です。
詳細
 
ページトップに戻る

 
28 Gb/s PCBチャネルの解説
 
Xilinx社とキーサイトがDesignConで発表したこの論文では、Xilinx Virtex-7トランスミッタ(Tx)を使用した28 Gb/s SERDESチャネルのデザイン手法について説明し、測定によって簡単に検証できる信頼性の高い性能を実現するために必要なトレードオフを紹介しています。   詳細  

 
ページトップに戻る

 
ダイレクト・シンセシスを用いたカスタム・フィルタと整合回路のデザイン


ダイレクト・シンセシスと回路変換を用いたカスタム・フィルタ/マルチプレクサのデザインに関する、Randy Randall Rhea氏による新著が、現在Artech House社から出版されています。この著書には、カスタム・フィルタ、ダイプレクサ、整合回路のシンセシス方法の実用例が数多く掲載されています。この本の各章のサンプル をダウンロードして、アナログ/RFデザインでのダイレクト・シンセシスの使用方法の学習を開始することができます。詳細
ページトップに戻る

 
X dB利得圧縮ポイントのロードプル・データの表示
ADSを使用してX dB利得圧縮ポイントのMauryロードプル・データ(等高線を含む)を表示する方法は?DataBasedLoadPullコンポーネントによってグリッド化されたデータセットが作成されるので、それを使用してさまざまな性能を等高線で表すことができます。また、元のロードプル・ファイルに出力掃引が含まれていた場合には、特定の利得圧縮量に対応する等高線をプロットすることができます。ご登録の方は、こちらから詳細を確認できます (ログインが必要です)
ページトップに戻る

 
ブロッキング信号を含む、雑音指数と変換利得のシミュレーション
増幅器またはレシーバの入力に不要な大信号が存在している場合は、雑音指数や変換利得が低下する可能性があります。こうしたシミュレーションをADSを使ってどのように実行していますか?「ブロッキング」トーンの振幅が大きくなるにつれて、また周波数が目的のRF入力信号の周波数に近くなるにつれて、変換利得や雑音指数が低下することを示す、簡単なレシーバの例を作成しました。  ご登録の方は、こちらから詳細を確認できます (ログインが必要です)
ページトップに戻る

 
キーサイトのRF/マイクロ波業界即戦力学生認定プログラム
このプログラムは、キーサイトと大学の共同プログラムで、RF/マイクロ波の分野で優秀な成績を収めている学生を認定し表彰します。この学生認定プログラムでは、学生の技術的な知識、デザインに関する専門知識、Keysight EEsof EDAソフトウェア・デザイン・ツール/Keysight測定器を使用した実践的な測定技能を確認します。詳細
ページトップに戻る

 
モデル・ビルダ・プログラムのMDMデータ・ローダ
MBP 2014.04の拡張機能により、IC-CAP WaferProやWaferPro Expressの測定結果(.MDM)を直接ロードしてモデルを作成することができます。追加のデータ変換は不要です。データ・ファイルを複数選択したり、ディレクトリ・レベルのデータ・ファイルを一度にロードすることができます。ご登録の方は、このリンクから詳細 (ログインが必要です) を確認できます。

MBPの30日間無料試用版を今すぐお試しください
ページトップに戻る

 
シグナル・インテグリティWebキャスト・シリーズのチュートリアル:高速デジタル・デザインのEMI/EMC解析


28/32 GビットSERDESや100 Gビット・イーサネットなどのアプリケーションのデータ・レートの高速化に伴い、高速デジタル・デザインは非常に複雑化しています。デザイナは、ますます厳しくなるEMI/EMC仕様に直面しているため、エミッションを制限し、ノイズの多い環境に対する感受性を低減するための新しいデザイン手法が必要です。このWebキャストでは、電磁界シミュレーションを用いた高速デジタル・デザインのEMI/EMCの解析に重点を置いて説明し、結果をFFCやCISPRなどの業界の規制基準と比較します。Webキャストへの登録 

EMProの30日間無料試用版を今すぐお試しください
ページトップに戻る

 
DDR4コンプライアンス・テスト・ベンチによるシミュレーションと測定の相関性の確保
ADSのW2351EP DDR4コンプライアンス・テスト・ベンチにより、DDR4エンジニアは、候補となるデザインから完成したプロトタイプの測定まで、完全なワークフローを使用することができます。この新しい手法はオフライン/リモート・モードで使用でき、すべてのエンジニアが同じ一連のコンプライアンス・テストを適用することができます。また、シミュレートしたデザインのコンプライアンス・レポートは、製作したプロトタイプに対するものとまったく同じです。

詳細   
ページトップに戻る

 
高度な4Gのデザイン/検証のサポート
SystemVueのW1918 LTE-Advancedベースバンド検証ライブラリでは、適応変調/コード化(AMC)や協調マルチポイント(CoMP)などの主要な4Gテクノロジーもサポートされました。このため、無線システムの設計者は、セル端での高度な動的動作や現実的な性能を、3GPPリリース10および11の物理層(PHY)仕様に従ってモデル化することができます。詳細情報

SystemVueの30日間無料試用版を今すぐお試しください
ページトップに戻る

 
ニュースから:
迅速なプロトタイプの作成は作業や業界に影響を与えているか? 
広帯域低損失リミッタのMMIC  
ミリ波SiGe ICのデザイン  
広阻止帯域ローパス・フィルタ  
Genesys 2014の概要ビデオ  

新製品リリース:
Genesys 2014.03
ICCAP 2014.04 / Hotfix1
MBP 2014.04 / Hotfix1
MQA 2014.04 / Hotfix1

詳細情報:
• すべてのEEsof製品の30日間無料試用
ナレッジ・センタへの登録
• EDAニュースレターへの登録

製品に関するヒントとテクニック

ADS: SパラメータTDRフロント・パネル
Genesys:  Harbec(ハーモニック・バランス解析)
GoldenGate:  検証テスト・ベンチ(VTB)の使用
(ログインが必要です)

 

Webキャスト
高速デジタル・デザインのEMI/EMC解析
ダイレクト・シンセシスと回路変換を用いたカスタム・フィルタのデザイン
Power-Aware IBISモデルを使用した、DDR4アプリケーションにおける同時スイッチング・ノイズ解析
• ADS 2014:新しいテクノロジーと機能による著しい生産性の向上
DDRコンプライアンスのシミュレーション-測定ワークフロー
28 Gb/sトランスミッタ測定のためのフィクスチャ・ディエンベディング手法
RFシステム・アーキテクチャ:最適なデザインを実現するための手法

トレーニング&イベント
組み込み設計者向け、ADS DDR解析体験セミナ
・横浜会場 2014/10/28 (火)

高速デジタル・エンジニアのためのシミュレーション技術体験セミナ 
・横浜会場 2014/09/25 (木)

最新ADSで高周波設計はここまで変わる!ADS2014体験セミナ
・横浜会場 2014/10/29 (水)

電磁界ソリューション・セミナ
・横浜会場 2014/09/24 (水)
・横浜会場 2014/10/27 (月)

SystemVueを使った無線通信システム設計 体験セミナ ~BaseBand + RF でのシステム設計・検証を可能に~
・横浜会場 2014/10/30 (木)


MOSデバイスモデリング体験セミナ ~ウエハ測定・モデル抽出・検証 プラットフォームの体験~
 
高周波回路設計者のための回路・電磁界シミュレータ体験セミナ
※現在開催しておりません。テキスト参照のみ。(AppNaviのログインが必要です)
 
高周波、デジタル、プログラミング、デバイス、光、EDA等のコースを提供
電子計測トレーニングコースのご案内

クイズ
ある日、ダチョウを飼育しているMandyとMarciaの二人が話をしていました。MandyがMarciaに7羽のダチョウを売ると、MandyとMarciaのダチョウの数が同数になることに気が付きました。

また、MarciaがMandyに7羽のダチョウを売ると、Mandyのダチョウの数がMarciaのちょうど2倍になります。それぞれ何羽のダチョウを飼っていたでしょうか?
回答
◇◆キーサイト・テクノロジーお問い合わせ先◆◇----------------------------

★ しみゅレターに掲載された内容についてのお問い合わせはこちら
 http://www.keysight.co.jp/find/EDAnewsletter-question
★ 製品やサービスに関するお問い合わせ: 計測お客様窓口
  TEL0120-421-345(042-656-7832) http://www.keysight.co.jp/find/contactus

★ 配信先変更・削除について
  配信先変更は、件名”しみゅレター送付先変更希望” で、
  mailto:tmnews_mail@keysight.com  へ新旧のEメールアドレスをお知らせ下さい。
  配信停止は、件名”しみゅレター送付中止希望” で、
  mailto:tmnews_mail@keysight.com  へ空メールをお送り下さい。

★ ご同僚の方にもご紹介ください。
  Keysight EEsof しみゅレターのご登録はこちらから
  http://www.keysight.co.jp/find/EDAnewsletter1-Optin

★ プライバシーポリシーについて
  プライバシーポリシーに明記してある通り、キーサイトはお客様情報の保護に細心の注意を払っております。
  ・ プライバシーポリシー  http://www.keysight.co.jp/go/privacy
  ・ 守秘プログラム窓口  mailto:privacy_advocate@keysight.com

 発行:キーサイト・テクノロジー合同会社 〒192-8550 東京都八王子市高倉町9-1
 
© Keysight Technologies  2014