このニュースは、テクニカルサポートのニュースレターを受け取られていた方、新たに本ニュースレターにご登録いただいた方、また、関連セミナにご参加いただいた方にお送りしております。
うまく表示されない場合はこちらからご覧ください。
 
Agilent Technologies, Inc.
  | 2012/09/14 | Vol40 | しみゅレター| EDAユーザ向けメールマガジン| 日本語ナレッジ・センタ テクニカルサポートへのお問い合わせ

  9月に入りましたね。まだまだ日差しは暑いですが日陰に入ると風が涼しく感じられ秋の訪れを感じますね。弊社では毎年EDAツールのUpdate情報や活用事例を集めたセミナを実施していますが、今年は10月16日(火)に開催します。高速デジタル回路設計向け、RF/MW回路設計向けの2トラック構成で多くの ユーザ様に設計事例をご紹介いただきます。すでに多数のお申し込みを頂いております。先着順ですので、是非早目のお申込みをお願いします。また10月には弊社開催のレーダー&マイクロウェーブ・テスト・セミナや、株式会社図研のセミナイベント、Zuken Innovation World 2012でも弊社EDAツール活用事例を発表しますので、是非こちらにもご参加ください。では今月のしみゅレターをどうぞ。(高野)
 
・・・アジレントサイト外にリンクします。
・・・英語ページにリンクします。

トピックス一覧:
ニュースから:
無料CD:2012 IEEE IMS/MTT-S Microwave Application Sessions
レーダ/EWシステムの実環境テスト
シミュレーション環境をリンクすることによるESLとRTL間のギャップの解消
SIRセルによるUWBローパス・フィルタのサポート
高性能オシロスコープの設計方法:あるチームによるADSの使用
MIMO対応のトランスミッタ/レシーバ
特集ビデオ:
スプリアス信号の根本原因解析
アプリケーション・ノート:
次世代無線通信開発の加速
Sパラメータ・モデルを使用した
FPGAのパワー・インテグリティ・シミュレーション
IBIS-AMIモデルを使用した
高速シリアル・チャネルのシミュレーション
最新の4G通信システムに対応
高速で実用的なデジタル・プリディストーションの実現
特集Webキャスト:
Xパラメータ・パワー・トランジスタ・モデルを使用したパワーアンプのデザイン

ツイッターでのフォロー
ニュースレターのバックナンバーで以前の記事を検索
特集
EDAのWebキャスト・シリーズの刷新:
Xパラメータ*・パワー・トランジスタ・モデルを使用したパワーアンプのデザイン

シミュレーション・ベースのPAデザインのコアは、目的のパワー・トランジスタに対応できる正確なノンリニア・モデルです。今日では、非線形等価回路をベースにしたコンパクト・モデルとデータ・ベースのXパラメータ・モデルの両方を、PAデザイン用の実証済みの機能ブロックとして使用することができます。このWebキャストでは、シミュレータ(GenesysおよびADS)間での移植性、スケーラビリティ、シミュレーション速度、収束性などの、両方のモデルの利点を紹介します。Webキャストへのリンク top


新しいアプリケーション・ノート:次世代の無線LANテスト

最新のアプリケーション・ノートでは、テストの要件や問題点に加えて、802.11ac(超高スループットを実現)とこれまでの無線LAN規格の違いについて説明しています。この新バージョンでは、802.11acデザイン/テストに重点を置いた、Agilentの最新のソリューションを紹介しています。アプリケーション・ノートをダウンロード top


Dohertyパワーアンプ・プレゼンテーションのサンプルへの追加

Dohertyパワーアンプは、広いパワー出力範囲にわたって高効率を実現するために広く用いられています。5月には、ADSを使用したDohertyデザインの調査方法を紹介するサンプルが、ナレッジ・センタに追加されました。Doherty PAの動作やそれらのPAの設計手順をもう少し詳細に説明するプレゼンテーションが、新たにサンプルに追加されています。ご登録の方は、こちらから詳細を確認できます。 top


EMアプリケーション・センタ
FEMを使用した擬似八木アンテナの解析

プレーナ擬似八木アンテナは、広帯域性能を備え、小型で優れた放射特性を実現しています。この例では、パラメータ化された3次元モデルをEMProで作成します。FEMシミュレーションを実行して性能を評価します。同軸コネクタを考慮したシミュレーション結果が得られるように、モデルには同軸コネクタが含まれています。詳細

この他のEMアプリケーションの例については、アプリケーション・センタをご覧ください。 top


メモリ効果をテストするためのパワーアンプのシミュレーション方法

どのようにしてパワーアンプをシミュレートして、メモリ効果をテストしていますか?パワーアンプが処理できる変調帯域幅はどのくらいですか?このADS 2011の例では、この種のシミュレーションの実行方法に加えて、ハーモニック・バランス/エンベロープ・シミュレーションを使用したパワーアンプのメモリ効果のシミュレーション方法を紹介しています。ご登録の方は、こちらから詳細を確認できます。 top


スプリアス信号の根本原因解析

Spectrasysは、Genesys、ADS、SystemVue独自のRFシステム・シミュレーション・デザイン・ツールで、根本原因の詳細な解析により、システムのデザインのスプリアス信号の発生源を特定して、RFシステムのアーキテクチャの潜在的な欠陥を確認することができます。Spectrasysスペクトラム・プロットの詳細な解析方法については、このビデオをご覧ください。ビデオを見る top


無線/軍事用DSPアルゴリズム/RFコンポーネントのOFDMの検証

デジタル・マルチキャリア手法としてのOFDM変調がシングルキャリア手法より優れている点は多くあり、最新の広帯域伝送規格では物理層として採用されています。信号処理アルゴリズムだけでなく、RFコンポーネントの広帯域スティミュラス/レスポンスの検証に使用するさまざまなOFDM信号の作成/復調方法を学習できます。ビデオを見る top


デバイスの特性評価方法と高度なRF/マイクロ波デザイン

IMS 2012では、RFデバイスの測定、評価、回路設計の専門家を迎えて、90分間のフォーラムが開催されました。RFIC、パッケージ、PCB間の相互作用により、高度なRF/マイクロ波デバイスはますます複雑化しているため、デザインの成功を脅かす真の脅威となります。パネラーは、こうした問題の本質や、設計不良を低減するための最新のソリューションについて議論しました。詳細 top


FEM for ADSのチュートリアル資料をUpdateしました

ADSの使い方の基本から、ボンディングワイヤの使い方含めたレイアウト描画方法、Port定義含めたEM解析設定、結果の表示、ADSとの協調シミュレーションの方法まで網羅されています。ぜひご活用ください。ADS FEM for ADSの使用方法(ログイン必要) top


製品に関するヒントとテクニック:Agilentのソフトウェアを最大限に活用するために役立ちます。ナレッジ・センタにアクセスするには、登録が必要です。

top


Mindbender

KirtはJohnに、1セット・テニスの試合で、ゲームカウント6対3で勝利しました。KirtもJohnもサーブをしていないときに、両者が勝ったゲームの合計数は5ゲームでした。つまり、5ゲームは、サーブをしていないプレイヤーが取りました。最初にサーブをしたのは誰ですか? 回答 top


Webキャスト
  ピックアップWebキャスト:
EDAのWebキャスト・シリーズの刷新:
Xパラメータ*・パワー・トランジスタ・モデルを使用したパワーアンプのデザイン

 
シミュレーション・ベースのPAデザインのコアは、目的のパワー・トランジスタに対応できる正確なノンリニア・モデルです。今日では、非線形等価回路をベースにしたコンパクト・モデルとデータ・ベースのXパラメータ・モデルの両方を、PAデザイン用の実証済みの機能ブロックとして使用することができます。このWebキャストでは、シミュレータ(GenesysおよびADS)間での移植性、スケーラビリティ、シミュレーション速度、収束性などの、両方のモデルの利点を紹介します。


  オンデマンドWebキャスト:

マルチテクノロジーPAモジュール・デザイン手法:IC、積層、パッケージ

LTE-Advanced用の広帯域デジタル・プリディストーション・モデリング

高度な衛星通信を実現するためのシステム・レベルのデザイン/検証

TSMCの60 GHz CMOS RDK用の包括的なミリ波デザイン・ソリューション

802.11ac/adシステム・レベルのデザイン/検証の高速化による次世代の無線LANへの対応

変調信号によるパワーアンプ性能の高速評価

ハンドセットPAモジュールのエンドツーエンドのデザイン/シミュレーション

ANN(Artificial Neural Network)を使用した測定ベースのFETモデリング

RFシステム・アーキテクチャ:最適なデザインを実現するための手法

穴があいている電源プレーン/グランド・プレーンのPIの問題の解決

マルチギガビット/s時代におけるシグナル・インテグリティの問題の解決

RFパワーアンプのデザインで最適な性能を実現するためのロードプル・シミュレーション/ロードプル測定の使用方法

デジタル・ノイズのスマートフォン・アプリケーションのRF受信機感度への影響

広帯域システム向けの高性能デジタル・プリディストーション(DPD)

RF回路におけるメモリ効果:症状およびシミュレーション

パッケージ/インターコネクトの正確なモデリング


* 「Xパラメータ」は、Agilent Technologiesの商標です。Xパラメータのフォーマットおよび基礎となる式は、オープンで文書化されています。詳細については、こちらをクリックしてください。 top  


トレーニング&イベント
EDAツール体験セミナ開催中 --- EDAツールを初めて使われる方に概要を紹介
  高速デジタル・エンジニアのためのシミュレーション技術体験セミナ
  横浜会場 2012年 9月21日 (金) 13:00 - 17:00
  横浜会場 2012年10月26日 (金) 13:00 - 17:00

  高周波回路設計者のための回路・電磁界シミュレータ体験セミナ
  横浜会場 2012年 9月20日 (木) 13:00 - 17:00
  横浜会場 2012年10月25日 (木) 13:00 - 17:00

  電磁界ソリューション・セミナ
  横浜会場 2012年10月29日 (月) 13:00 - 17:00

top
高周波、デジタル、プログラミング、デバイス、光、EDA等のコースを提供
  電子計測トレーニングコースのご案内
 
top
Agilent Design Forum 2012【10月16日(火)】開催します
  設計対象の高機能化、複雑化に伴って、シミュレータ活用の重要度は増しています。Agilentではシミュレーション技術の向上だけでなく、新技術の投入による解析分野の拡大、設計プラットフォームとしての操作性向上を実現してまいりました。

本セミナでは2つのトラックをご用意し、それぞれRF/MW回路設計、高速デジタル回路を扱うプリント基板設計、に焦点を当てたシミュレータの活用方法の提案と、測定を含めた活用事例について、多くのユーザ様のご協力の下、実際の設計例を交え最新情報をお届けします。

ご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご来場賜りますようお願い申し上げます。

日時: 10月16日(火) 12:30-18:00 (予定)
場所: 秋葉原コンベンションホール

■■受け付けは先着順です!今すぐお申し込みを!■■
→→ お申込みはこちら  ←←
 
top
レーダー&マイクロウェーブ・テスト・セミナ 2012【10月19日(金)】開催します
  航空宇宙、防衛向けの機器や同様のマイクロ波技術を利用されるエンジニアの方に、最新の測定評価情報を提供するものです。レーダシステムや、電子部品、モジュール、アンテナ評価の最新情報をレーダトラックとしてご用意し、さらに、この分野での無線通信機器開発に携わる方にも、役に立つ情報を通信トラックとしてご用意します。

日時: 10月19日(金)
場所: 秋葉原コンベンションホール

■■受け付けは先着順です!今すぐお申し込みを!■■
→→ お申込みはこちら  ←←
 
top
高速デジタル信号設計評価 集中講座2012【10月9日(火)~11日(木)】のご案内
  たったの「3日間」で高速デジタル回路のトラブル対応力を磨き上げます!
GHz帯以上の高速デジタル回路の設計・評価に経験が少なく不安を感じているエンジニアの方に、基礎理論から、計測器またはシミュレータ(ADS)の活用方法を徹底的に学んでいただきます。
  • 初日 基礎理論
  • 2日目、3日目 測定器(ネットアナ、オシロ)または シミュレータ(ADS)にて徹底的に演習
    測定器は2人に1台、シミュレータは1人1台
    ★他社には無いハンズオンの充実度★

高速デジタル特有のトラブルに対する対応力が養成でき、製品開発リードタイムの短縮につながります。

■■受け付けは先着順です!今すぐご登録を!■■
→→ お申込みはこちら ←←

 
top
高速デジタル・エンジニアのためのシミュレーション技術体験セミナ 資料Update
  弊社新横浜トレーニングセンターでは、ADSとEMProを使った体験セミナを定期的に開催しております。
  • 高速デジタル・エンジニアのためのシミュレーション技術体験セミナ
  • 高周波回路設計者のための回路・電磁界シミュレータ体験セミナ
  • 電磁界ソリューション・セミナ

http://www.agilent.co.jp/find/EDAnewsletter40-14

このうち、高速デジタル・エンジニアのためのシミュレーション技術体験セミナに関しては、
テキストや関連資料を弊社Webよりダウンロードいただけるようにしておりますが、今回、資料をUpdateしました。

ご興味のある方は、ぜひ下記よりダウンロードしてください。
http://www.agilent.co.jp/find/EDAnewsletter40-14

 

 
top
Zuken Innovation World 2012
  2012年10月11日(木)-12日(金) パン パシフィック 横浜ベイホテル東急(みなとみらい)
http://www.event-info.com/ziw2012/
  • 毎年開催される株式会社図研様主催の個展です。
  • 株式会社図研様から最新の設計・製造技術、インフラ構築など、新製品をはじめとする多様なソリューションの紹介や、
    国内外のお客様からの事例発表、各ソリューションの展示などがあります。

弊社のセッションは、10月12日(金) 2D13 13:00-13:45。
「高精度なSI/PI解析を可能に! CR環境とADSの活用」と題して、
株式会社オンテック様と共同セッションを実施します。また、展示も行います。

 

 
top
© Agilent Technologies, Inc. 2012
 


◇◆アジレント・テクノロジーお問い合わせ先◆◇----------------------------

★ 製品やサービスに関するお問い合わせ: 計測お客様窓口
  TEL0120-421-345(042-656-7832) http://www.agilent.co.jp/find/contactus

★ 配信先変更・削除について
  配信先変更は、件名”しみゅレター送付先変更希望” で、
  mailto:tmnews_mail@agilent.com へ新旧のEメールアドレスをお知らせ下さい。
  配信停止は、件名”しみゅレター送付中止希望” で、
  mailto:tmnews_mail@agilent.com へ空メールをお送り下さい。

★ ご同僚の方にもご紹介ください。
  Agilent EEsof しみゅレターのご登録はこちらから
  http://www.agilent.co.jp/find/EDAnewsletter1-Optin

★ プライバシーポリシーについて
  プライバシーポリシーに明記してある通り、アジレントはお客様情報の保護に細心の注意を払っております。
  ・ プライバシーポリシー  http://www.agilent.co.jp/go/privacy
  ・ 守秘プログラム窓口  mailto:privacy_advocate@agilent.com


 発行:アジレント・テクノロジー株式会社  〒192-8510 東京都八王子市高倉町9-1