Momentumは、受動回路解析用の3次元プレーナ電磁界 (EM) シミュレータです。多層構造を含む任意のデザイン形状に対応し、カップリングや寄生成分などの複雑な電磁界の影響を正確にシミュレートします。正確な電磁界シミュレーションにより、RF/MMICデザイナは、受動回路の性能を向上させ、製造された製品がシミュレーションどおりに機能するという確信を高めることができます。

Momentum コンポーネントはAdvanced Design System (ADS) のデザイン・フローに統合されているので、シミュレーションのセットアップ時間が短縮され、設計の生産性が向上します。

お客様成功事例: ELLIPTIKAは、Advanced Design SystemとMomentumプレーナ3次元電磁界シミュレータを使用して設計したフィルタに自信を持っています。

オンデマンドで提供開始: コ・シミュレーションにより、無線LANアンテナ/回路の効率的なコ・デザインが可能に、Webキャスト(英語)


製品情報


製品ハイライト

  • 全波電磁界ソルバによる、フル分散/放射解析。
  • DCから1/2波長までの大規模回路のモデリングを高速化する、準静的電磁界ソルバ。
  • ADSレイアウト環境とのフル統合。
  • 高周波信号の電流集中現象の動作特性の評価が向上する、「エッジ・メッシュ」。
  • 実際に解の得られた最小限の周波数で、最高の周波数掃引分解能が得られる、アダプティブ周波数サンプリング (AFS)。
  • パッケージの側面近くに回路を配置した場合の影響をモデリングするのに有効な側面シミュレーション(導波管モード)。
  • パッケージ効果をモデリングし、ボックス共振が目的の周波数レンジ内で発生するかどうかを確認するためのボックス共振モードを内蔵。
  • アクティブ・デバイスにバイアスを流す必要のある回路シミュレーションでは、Sパラメータを使ってDC動作ポイントを生成。
  • Momentum Optimizationアドオンにより、電磁界デザインの最適化を自動化。
  • Momentum Visualizationアドオンによる、3次元ビジュアリゼーションと電流アニメーション機能。

製品概要

Momentumは、受動回路や回路モデルの適用範囲と精度の大幅な向上を実現する、RF/マイクロ波デザイナ向けの3次元プレーナ電磁界 (EM) シミュレータです。 マルチ・レイヤ上の任意形状を解析したり、カップリングや寄生成分のシミュレーション時に実際のデザイン形状を考慮することができるMomentumは、カスタマイズされた受動回路の設計に不可欠なツールです。

Momentumは、Advanced Design System (ADS) と連携して、一般的な平面回路のS、Y、Zパラメータを計算します。Momentumを使用すると、マイクロストリップ、ストリップライン、スロットライン、コプレナ・ラインなどの回路トポロジーを迅速かつ正確に解析できます。レイヤを別のレイヤに接続するビアもシミュレートできるので、デザイン・エンジニアは、マルチレイヤRF/MMIC、プリント基板、ハイブリッド基板、マルチチップ・モジュール (MCM) をより正確にシミュレートできます。

このシミュレータは、平面導体や抵抗の形状の解析に特に効果を発揮するモーメント法 (MoM) テクノロジーをベースにしています。多層平面形状を評価し、電磁界シミュレーションの精度を持つモデルを作成して、ハーモニック・バランス、コンボリューション、Circuit EnvelopeなどのADS回路シミュレータで直接使用できます。

回路シミュレータでは信号のカップリングを明示的に考慮する必要があります。また、回路シミュレータは使用可能な回路モデルだけで構成できるデザインに限定されます。Momentum EMシミュレータは、信号のカップリングを解析することにより、使用可能なモデルの制限を克服します。

Momentum RFは、精度を犠牲にすることなく、シミュレーション速度が増加するように設計されたもう1つのシミュレーション・モードです。Momentum RFを使用すると、通信業界で重要性の高い大規模な形状を、迅速かつ簡単に計算できます。

Momentum RFが特に威力を発揮するのは、1/2波長未満のストラクチャの解析です。Momentum RFの準静的ソルバでは、、空間放射やサブストレート放射などの損失メカニズムを無視できるので、精度の高い結果を短時間で得られます。

Momentum RFの詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

主な特長と利点

Momentum 3次元プレーナ電磁界デザイン・ツールは、多くの優れた機能を備えています。プレーナ電磁界デザイン・ツールとしてのMomentumの利点を表す、主な技術的な要因を以下に示します。

Momentum EMシミュレータ

E8295A Momentumオプティマイザ

E8922A Momentumビジュアリゼーション

Momentum 3次元プレーナ電磁界シミュレータが威力を発揮する場面

Momentum 3次元プレーナ電磁界モデリングは、以下のような設計状況に特に有効です。

寄生カップリングが存在する場合。回路モデルが物理的に遠く離れている場合でも、予期せぬカップリングが発生する可能性があります。例えば、十分に離れているように見えるスタブが、共振により実際には相互に誘導結合したり、特定のサブストレート・パラメータや周波数が存在すると、サブストレートの境界面に表面波が結合され、励起されることがあります。Momentumは、このような寄生カップリングや放射を予測します。

回路モデルが存在しない場合。回路モデルが存在しない場合は、Momentumを使用してください。例えば、モデルが存在しないマイクロストリップYジャンクションを解析する場合は、Momentumが最適です。

グランド・プレーンにスロットがある場合。スパイラル・インダクタのグランドに対するキャパシタンスを低減したり、ビアをグランド・プレーンに貫通させるなど、さまざまな理由から、デザイナはグランド・プレーンを部分的に除去します。金属スロットを金属パターンと同じように簡単に扱えるというのが、Momentumのもう1つの利点です。例えば、Momentumでは、コプレナ・ラインの効率的な解析が可能です。

モデルの適用範囲を超えている場合。回路シミュレータ・モデルはすべて、幅、長さ、高さ、誘電率などの、適用範囲に制限のある制御パラメータを多く用いて開発されています。徐々に機能しなくなるモデルもあれば、制限範囲を超えるとすぐに重大な誤差が生じるモデルもあります。Momentumを使用すると、これらの制限範囲を超える非常に精度の高いモデルを作成できます。


製品情報


購入方法

最適なシステムを選択するために、または製品の構成や統合の詳細を確認するために、今すぐセールス・アシスタントをご利用になりたい場合、電話によるアシスタントまたはソフトウェアのオンサイト・デモをご利用になりたい場合、または価格見積をご請求になりたい場合は、以下のリンクをクリックしてください。

電話によるセールス・アシスタントをご希望の場合は、下記にご連絡ください。

  • 電話:0120-421-345  Email:contact_japan@keysight.com
    キーサイト・テクノロジー EDA担当営業宛

構成の詳細

Momentum製品スイート

E8920A製品バンドルには、Momentum全波/準静的モデリング・エンジン (Momentum E8921A) 、Momentum最適化E8925AMomentumビジュアリゼーションE8925Aが含まれています。

E8811A/8812A MMIC Designer Pro/Premier は、Momentum全波/準静的モデリング・エンジン (Momentum E8921A)などの電磁界モデリング、Momentum最適化E8925AMomentumビジュアリゼーションE8925Aを内蔵したフロントツーバック・デザイン・ソリューションです。

必須構成

アドオン・モジュール

詳細について

さらに詳細な構成については、以下のオンライン・カタログでご確認頂くか、キーサイト・テクノロジー EDA営業までお問い合わせください。


製品カタログ


  • Momentum (PDF, 4.0 MB)
    12ページのカラーの製品概要。


Momentumの機能



最新リリースのMomentumでは、以下が向上しています。

  • ADS 2008のMomentumでは、最新のコンピュータに搭載されているマルチコア・プロセッサの活用により、シミュレーションが2倍以上高速化されています。これは、マルチプロセッサによる解マトリクスのメモリへのパラレル・ロードによって実現しています。2004年以降、Momentumのシミュレーション速度は、アルゴリズムの向上と並列計算により、10倍も向上しています。

  • E8917 Gerber Union: ストライク、フラッシュ、領域の論理和演算を実行することにより、Gerberファイルをクリーンなレイアウト・アウトワークに変換するレイアウト変換ツールで、Momentum 3次元プレーナ電磁界デザイン/検証ツールによる電磁界 (EM) 解析が可能になります。
  • Momentum 64: ビット・ソルバ

以前の製品リリースでは、以下が向上しています。

  • RFDEおよびCadence VirtuosoとのMomentumの統合
  • Advanced Model Composerによる、コンポーネント・レベルでの高速かつトランスペアレントな電磁界検証
  • Momentumシミュレーションのバッチ・モード
  • サブストレート計算の向上による、より効率的なシミュレーション
  • スケマティック・デザイン・レベルでのトランスペアレントなMomentum統合を実現する、レイアウト・コンポーネント
  • Momentum RFでのポート校正
  • ストリップ・レベルでのCPW特性インピーダンスの計算

詳細について


カタログ


記事


ユーザ・サポート


セミナー・アーカイブ

  • Momentumセミナー・アーカイブ: Momentumのセットアップとシミュレーションのトピックスをカバーする、1日のカスタマ・セミナーのスライドのPDFファイル、ADSプロジェクト・ファイルなどの参考資料。Advanced Model Composerの使用方法も紹介しています。

カスタマ教育

Advanced Design Systemのユーザ向けのMomentum

この1日のクラスでは、3次元電磁界シミュレータMomentumの詳細を中程度のペースで概説します。多くのデザインを用いて、各種シミュレーション手法を実環境下で効果的に用いる方法を説明します

世界各地で開催されるコース内容およびクラス日程の詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

製品ドキュメント

* Keysight EEsofへの問合せ
* Keysight EEsof EDA
   
* 製品情報
* サポートとサービス
* アプリケーション/サンプル
* カスタマ教育
* 製品ドキュメント
* オンライン製品デモ
* ニュースとイベント
   
* ニュースレターの購読
* サイトのヘルプ