3. MIMOの測定は大変!シミュレーション活用で効率化!

MIMOチャネル・ビルダを使って、大変なMIMO測定をぐっと効率化しませんか?

 

エレクトロニック・システム・レベルのデザイン環境であるSystemVueのMIMOチャネル・ビルダ(W1715)は、現実的なアンテナ・パターンを考慮したマルチチャネルのフェージング・シミュレーション・ブロックを提供します。お客様の製品開発におけるMIMO評価の困難を低減させる、MIMOチャネル・ビルダの特徴についてご紹介いたします。

   
 

(1) アンテナや規格の変更に伴う再測定・検証の困難を低減

 

大量の測定器を使用して、苦労してMIMOアンテナの性能を測定したのに、アンテナ・デザインに変更が生じたために再測定・・・そんな経験はないでしょうか?

SystemVueのMIMOチャネル・ビルダを利用することで、システムの研究・開発のかなり早い段階でMIMO性能の検証が可能になります。

例えばアンテナやパッケージングのデザインに変更が生じる場合や規格・アルゴリズムに変更がある場合などに、対象となるハードウェアが完成していなくても、シミュレーションによってアンテナ・パターン等を取得し、MIMO性能の検証を実施することができます。

デザインの変更ごとに実測を行って修正を施す、という時間のかかる作業をシミュレーションに置き換えることで、最適なデザインの為の絞り込みを迅速に行えるようになります。

 

  • Keysight SystemVueを使用したアンテナ/MIMOチャネル効果の評価
  • LTEの動作と測定におけるMIMO:LTEテストの概要
   
  (2) W1715 MIMOチャネル・ビルダの機能
 

SystemVueのMIMOチャネル・ビルダには以下のような機能ブロックが備わっています。

  • 地形(ジオメトリ)ベースのWINNER-II MIMOチャネル・モデル(※1)LTE-A MIMOチャネル・モデル(※2)のパーツ

  • 相関ベースのMIMOチャネル・モデルのパーツ

  • チャネル容量シミュレーション用パーツ

  • 基地局ビーム・フォーミング用アンテナ解析/シンセシスのパーツ(SystemVue2013.01では暫定リリース

各チャネル・モデルは最大8×8MIMOに対応しています。 また、各MIMOチャネル・モデルではアンテナ設定として、理想アンテナパターンの他に実測結果やEMPro(キーサイトの3次元電磁界ソルバ)によるシミュレーション結果も利用することができます。

※1 IST-4-027756 WINNER II D1.1.2, “WINNER II Channel Models”,ver 1.2, Sep. 2007に対応したモデル

※2 3GPP TR 36.814 v0.3.1, 2009、Guidelines for evaluation of radio interface technologies for IMT-Advanced”, ITU Document 5/69-E, Oct.2008に対応したモデル

 

  • Keysight SystemVueを使用したアンテナ/MIMOチャネル効果の評価
  • LTEの動作と測定におけるMIMO:LTEテストの概要
   
  (3) 実測定への応用
 

MATLABでお持ちのプログラム資産を利用できることで、これまでに作成されたコードを作り直すなどの無駄な作業が発生することもなく、更にSystemVueに備わっている使い易いコンポーネントを組み合わせることで、MATLABで作成した方が効率が良い部分はMATLABコードで作成してSystemVueに取り込み、SystemVueで作成した方が効率がよい部分をSystemVueで追加することで最も効率のよい開発環境が構築できます。また、SystemVue上で作業することで、MATLABのコード作成に慣れた方はMath Languageを使ってフローを追加・修正することができますので、SystemVueのコンポーネントでフローを構築されている方とも共通のツールを使ってコミュニケーションをとることができます。

同じフローをMath Languageで記述した場合とそれ以外のコンポーネントで作成した場合とで比較すれば、同一ツール内でデバッグも容易に実行できます。

このように、SystemVueはMTALABとの高い親和性を持ち、より多くの方に共通プラットフォームとしてお使いいただくことで、開発・検証の効率を高めることができるツールです。

  
 

  • Using SystemVue to Integrate a Flexible R&D Testbed for LT
  • Solutions for Design and Test of Downlink 8x8 LTE MIMO
   
        設計のワークフローを変える!SystemVueの活用方法
      1. Baseband と RFのインテグレーションで困っていませんか?
      2. 測定器のオプションにない信号を出したい/測定したい
   3. MIMOの測定は大変!シミュレーション活用で効率化!
  
4. DPDを手軽に利用して、アンプを高効率化したい!
      5. MATLABの資産を生かして、開発効率を高めたい